Search
Search Menu

ジュエリー買取及び貴金属買取で注意しなければならないこと

貴金属やジュエリー買取でいろいろ疑問をお持ちの方々も多くいらっしゃることでしょう。まずそれがブランドかブランドでないかでも大きな違いがあります。

ブランドジュエリー買取

ブランドジュエリー買取という場合には、中古市場によって値段の違いがあります。

買取して欲しい時ニーズが存在していれば、高い価格で買取してくれることでしょう。ただしブランドは逆のケースも充分考えることが出来るでしょう。

更に保証書やボックスがあるかないかもポイントとなります。キズやカケといったジュエリーのイタミ具合も大きな査定基準と言ったモノも買取業者の査定ポイントです。

やっぱりあなたのジュエリーが新品のほうが業者は高く買取したいと思うでしょう。

ノンブランドジュエリーは素材の価値で査定される

ではブランドでないジュエリーは買取してもらうことが出来ないのでしょうか。

いわゆるノンブランドジュエリーは買取価値は存在しているものの、素材の価値で査定されることになります。

そのようなモノに対しては使われている金の重さや種類、宝石のクオリティや種類と言ったモノで査定されていくでしょう。

それはアクセサリーとしての買取価値ではなく、素材ひとつひとつの価値として買取されていくことになります。

貴金属・宝石の評価ポイントとは

ジュエリー買取は、貴金属の買取、宝石の買取という形でパーツパーツに分解されて買取されていくことになります。

貴金属に対しては、どのような査定がされていくのかといえば、純度が重視されて査定が行われていきます。K24というのなら純度100%なので、一番高い買取価格がつくでしょう。

プラチナはPt1000が純度100%であって、数字が低い程どんどん買取価格が下がっていくことになります。K24やPt1000は、アクセサリーに刻印されているので、そこである程度自分のジュエリーの買取価格を判断することが出来るでしょう。

ダイヤモンドは、グレードで査定額に大きな差が出てきます。

ルビー・パール・エメラルドと言ったものには結構注意する必要があます。それは、一連のカラー宝石には一定の査定基準が存在していないからです。ですから、評価するのがなかなか難しい現状を抱えていたりします。

査定額は鑑定士の感性に偏りがちになってしまうこともあり、あなたの大事なジュエリーも価値がないと言われてしまうことがあるかもしれません。

ですからみなさんがジュエリー買取をするとき、宝石を買取しているお店かそうでないか的確な判断をする必要があります。