Search
Search Menu

母の日・Mothers’ Dayそれぞれの人たちのエピソード

 

母の日・Mothers’ Dayについていろいろなエピソードをお持ちでしょう。5月の第2日曜日といえば、「母の日」です。春のまっただ中、とても気持ちのいいイベントではないでしょうか。

誰でもお母さんの笑顔に満たされることがあると思うのです。

思わぬメッセージが届く

母の日・Mothers’ Dayだからこそ、子供さんたちから思わぬメッセージが届くこともあるでしょうし、お母さんたちもそれを期待しているようなところもあるかもしれないですよね。

母の日・Mothers’ Day、お母さんたちも感動したいと思っているでしょうし、子供さんたちも感動させたいと思っています。

でもメッセージを贈ること自体照れることなので案外それをしていない人たちも結構多かったりします。今年母の日・Mothers’ Day、プレゼントに添えて、母の日・Mothers’ Dayの基本に戻りお母さん「ありがとう」と伝えてみませんか?

そんな母の日・Mothers’ Dayプレゼントが一番だと思うのですが。

ローズの入浴剤をあげました

ある人は母の日・Mothers’ Dayプレゼントにローズの入浴剤をあげましたとのことです。そして旦那さんのお母さんにもバスタオルのプレゼント。実際にたいていの家庭には母の日・Mothers’ Dayは二つあって大変と言えば大変かもしれないですよね。

そのような母の日・Mothers’ Dayプレゼントをするものの、多く言われてしまう台詞が、「もったいないから使えない」……ということです。

子供さんたちはその言葉に喜んでいいやら、嘆くべきやら……、そのようなケースで結局は子供さんたちがいつの間にか使用しているというケースがあるので充分注意しましょう。

商業経済の企みにどっぷりはまってしまったのかも……

母の日・Mothers’ Dayプレゼントが過ぎれば今度は父の日が来ます。
やっぱり私達は、商業経済の企みにどっぷりはまってしまったのかもしれません。

そもそも、アメリカの、母の日・Mothers’ Dayの考案者も、結局は、母の日・Mothers’ Dayに対して反対運動を起こしていたのです。その事実も、商業経済にもみ消されてしまったのかもしれません……。

この人は、母の日・Mothers’ Dayプレゼントに毎日お風呂で使用出来るグッズを選択したのです。だからこそ、お母さんたちも遠慮なく、毎日使用していただきたいですね。

モノにはこのような遠慮のシステムが働いてしまうので、だからこそ、すぐに枯れてしまうお花というのも母の日・Mothers’ Dayプレゼントとしての選択肢なのかもしれません。

土日と家族旅行に出かけました

そして、ある人は、母の日と父の日兼ねて、土日と家族旅行に出かけましたということです。

こんなことが、本当に家族を一致団結させて幸せをもたらしてくれるのかもしれませんし、非常に母の日・Mothers’ Dayプレゼントとして有効的手段ではないでしょうか。

お母さんたちもどんどん年をとってしまうことで段々と旅行に出掛けることも億劫に感じてしまうようになります。

そろそろ今年、そんな母の日・Mothers’ Dayプレゼントを計画してみるというのもアリではないでしょうか。